レンタルトラック ドラトラサービスの会社概要

商号 有限会社 門脇運輸
代表者 小林美樹雄
創業 昭和35
設立 昭和51
資本金 800万円
従業員数 120名(協力会社含)
許可番号 運輸省免許大陸第5392号
事業内容 貨物自動車運送業、古物商、金属くず業
取引銀行 りそな銀行/播州信用金庫/ゆうちょ銀行

ドラトラサービスセンター発足について

弊社は昭和35年に故門脇会長が「門脇運送」として立ち上げました。
トラックと言えばマツダ車の通称「バタコ」呼ばれていた3輪車だったそうです。昭和35年と言えば「大学卒の初任給が12,190円」、「ジョン・F・ケネディが35代米大統領に当選」、「日本初のロングサイズフィルター付たばこハイライトが70円で発売」とさまざまな事が有り一昔、いいえ大昔の事のように聞こえます。
そして昭和51年に苦労の末営業許可を頂き夢であった有限会社門脇運輸を設立しました。
今年は平成23年、弊社も創立51年目に突入致しました。これも皆様方から可愛がって頂いた結果だと自負しております。


当時は大手電機会社に専属協力会社として仕事を頂いておりましたが、バブルが弾け拠点を海外に移される、又拠点を集約されて営業され始めました。当然弊社も大きな転機がありました。
「親会社にいつまでも頼っていても仕方が無い。新たな仕事を見つけて行こうと。」一番のネックはトラックの形状でした。
今までケース物ばかりを運んでいた為、荷台にローラーを敷いていました。ケース物を押す場合にはローラーが非常に役だっていたのですが、底にタイヤが付いているような機械類は引っかかり積込みには苦労しました。又よくローラーの上に乗ってしまい転けました。1台ずつトラックも乗り換えていきました。 新たな仕事として引越業務も致しました。
料金も一般運送よりも高く頂く事が出来「これは良い仕事だ」と感じました。しかし知り合いから引越を頼まれた時にはあまり高い料金は言えずに知り合い価格になってしまい、その内に知り合いの紹介ばかりになり引越業務だと利益が出なくなりました。

ドラトラ企業のきっかけ

その時に「レンタカー借りて自分ですれば?」と言いました。すると「トラックなんか運転出来へんわ!」と言われた時に「運転手付けたる!」と言い返しました。私も運転手だけでお客様と一緒にすれば作業員も必要無い、又レンタカーのように時間で区切れば低料金で出来るんじゃ無いかと思い始めました。
新たなお客様からはチャレンジしました。お客様の意見を取り入れてみました。そしてついにこの度完成形が出来ました。しかしこの形で甘んじる事なくこれからもお客様のご意見を取り入れながら日々邁進していきたいと思います。